PR
カメラ

写真を見ても楽しく自然現象の勉強にもなる「楽しい気象観察図鑑」

最近、空を見ることが多いです。 季節や天気によって色々と変わって飽きないんですよね。 ということで、立ち読みばっかりしてた本をポチりました。武田 康男さんの「楽しい気象観察図鑑」という本です。

色々な場所・季節・天気の写真と一緒にその天気の解説が書かれています。一番すごいなあと思ったのが、富士山のふもとで撮ってた雲がぐるぐると巻いてる写真でした。
って言葉で説明するのは難しいですね。

ヴィレッジヴァンガードでも売ってるので興味があったら立ち読みしてみてください^-^

ボクも空とか撮ってるので何枚か載せてみます。

この日は午前が雨で午後から晴れてきて、秋のうろこ雲っぽかったです。 奥行き間がいいなあと思って撮りました。
赤レンガ倉庫から見た曇り空
2007/02/18, RICOH GR DIGITAL, F7.1, 1/440秒, ISO64, 0 EV, WB屋外

まさに冬の空という雰囲気だったのでパチリと撮りました。
1月だからバーゲンの帰りだったような。
冬の横浜
2007/01/04, RICOH GR DIGITAL, F10, 1/710秒, ISO200, 0 EV, WB屋外

夏はどっちかというと雲の輪郭がしっかりしてるんですよね。
ちなみにボクは入道雲が大好きです。
赤レンガ倉庫
2006/08/18, RICOH GR DIGITAL, F10, 1/710秒, ISO200, -1.0 EV, WB屋外

スポンサーリンク
ZAKAZUKURI

コメント