“グランド”には及ばないけど50年前経っても素敵なSEIKOのキングセイコー

みなさんはどんな腕時計をしてますか?

ボクはいつもTIMEXのデジタル時計ばっかりしてるんですけど、

こんなアナログ時計も持ってたりします。

SEIKOのキングセイコーです。





祖父の家にあったのを見つけて一目ぼれしてもらっちゃいました^-^

「かっこいいけど、なんか古そうだよね?」って話してたら、

「いい時計だよ。若いときに質屋で1万円で買ったんだから。」って言われました。

たしか、祖父が若いときの1万ってすごい高いんですよね。。。

これがどんな時計なのか気になったので調べてみたら、

SEIKOがグランドセイコー(GS)という高級時計を作っていたらしいです。

でも、GSはかなり高級品だったので精度調整などを簡略化して、

キングセイコー(KS)というモデルを作ったそうです。



へー。そうなんですね。

60年代から70年代にかけてすごく人気があったみたいで、

2000年に2000個限定でKSの復刻版が発売されたらしいです。

復刻版が15万円だったみたいなので、当時も高かったんでしょうね。



裏を見てみると、「5626-7040」と「9N1629」という文字が刻まれていました。

ちょっと調べてみたんですけど、1979年11月製造みたいです。

裏に「KS」って文字盤があるみたいですけど、ボクのは取れちゃってるみたいです。

下のサイトを参考にさせていただきました。

http://nakahiro.parfait.ne.jp/moji2/56ks.html

祖父からもらった後に時計屋さんで掃除をしてもらったんですけど、

時計屋さんも「よくこんなの持ってたねえ」と懐かしんでいました。

傷だらけですけど、せっかくもらったので大事にしようと思います。

この時計は自動巻き時計といって、

時計を着けた状態で腕を振ると自動的にゼンマイを巻いてくれるようになっているんです。

昔の時計はゼンマイの力で動いているので、定期的に巻かないと時計が止まるんですよね。

スーツを着るときにこの時計を取り出すと、止まってることが多いんです。。。

そういうことがあったので、ゆっくり回転させて巻いてくれる「ワインディングマシーン」

という機械が欲しいんですけど、なかなかシンプルなのが見つからないんですよね。

早く見つかるといいなあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました