RICOHのGRを買って旅カメラ化にチャレンジしてみませんか?

デジカメを旅のお供にしている人も多いと思います。ということで、RICOHのデジカメGRの旅カメラ化について紹介します。

GRへの期待と現実

RICOHのGRは、一眼レフで使われることが多かったAPS-Cサイズのイメージセンサを採用したデジカメで、いわゆる高級コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)と言われる分野の商品になります。

GR Digitalから約2年毎に後継機が発表されていたので、2013年5月に発売されたGRも「そろそろ、GR2が来るかも」というウワサがありました。
期待が膨らみすぎた中、2015年6月にGR II が発表されました。公式のGR BLOGでも述べられている通り、「従来機からの基本性能(画質、携帯性、操作性) の高さはそのまま」と、カメラとしてはほとんど変更点がありません。
変更点は、Wi-FiとNFCに対応したことと、画像エフェクトが追加されたことでしょうか。

GRの旅カメラ化

個人的にはGPS機能が欲しかったので、在庫がなくなる前でお安くなっているGRとEye-fi、格安スマホを使って「旅カメラ」を目指してみました。
まずは、WiFi機能付きのSDカード、Eyefiカードを買ってGRに入れます。2015年6月現在、EyefiカードはMobiとMobi Proに分かれていて、Mobi ProはRAWデータ転送、WiFiルーター経由での転送、選択転送に対応していて、容量も32GB版のみで値段もお高いです。下で詳しく書きますが、常にGRからスマホにデータ転送するのであればMobiで十分だと思います。

Amazon | ワイヤレスSDHCカード Eyefi Mobi (アイファイ モビ) 32GB Class10 WiFi内蔵 (最新パッケージ版) | Eye-Fi Japan | パソコン・周辺機器 通販
ワイヤレスSDHCカード Eyefi Mobi (アイファイ モビ) 32GB Class10 WiFi内蔵 (最新パッケージ版)がパソコン・周辺機器ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon | ワイヤレスSDHCカード Eyefi Mobi Pro(アイファイ モビプロ) 32GB Class10 WiFi内蔵 | Eye-Fi Japan | パソコン・周辺機器 通販
ワイヤレスSDHCカード Eyefi Mobi Pro(アイファイ モビプロ) 32GB Class10 WiFi内蔵がパソコン・周辺機器ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

Eyefiカードを挿入した状態で設定画面を開くと、以下の画面のように[ON(自動)]が選択されていると思います。他にも[ON(選択転送)]を選択することもできますが、今回は初期値である[ON(自動)]のままで良いです。

EyefiカードはWiFiで画像データを転送することができるのですが、転送先のスマホやパソコンにアプリをインストールする必要があります。もちろん、iPhoneとAndroid向けにアプリは公開されているのですが、今回はAndroid向けアプリを利用するために格安スマホを用意しました。この記事を書いている時点では、iPhone向けアプリでは写真にGPSデータを追加することができないので、今回の目的を達成するためにはAndroidが搭載されたスマホが必要になります。
そのため、PolaroidのSIM フリースマホ「Pigu」を購入しました。写真では大きさが分かりにくいと思いますが、大きさがiPhone4S程度で重さがiPhone5Sの112gより軽い97gとなっています。OSはAndroid 4.4.2と比較的新しいですが、解像度が480×320と大昔のスペックとなっています。

液晶の品質も高くなく(TN液晶パネルを使っているのでしょうか)、視野角が非常に狭いです。こういうスペックのおかげで、実売価格が5000円~7000円と非常にお安く購入することができました。

材質もプラスチックメインになっていますので、チープな感じがしますが、見方によってはオモチャ的ですごくかわいいと思います。昔のポラロイドカメラを思い起こさせるようなデザインがけっこう気に入っています^-^

さて、このPiguなどスマホにEyefi Mobiというアプリをインストールしてください。「eyefi」で検索すると見つけることができると思います。Eyefiは製品ラインナップがよく変わるようなので、お使いのEyefiカードに対応するアプリをインストールしてください。

アプリをインストールして、Eyefiカードをアクティベートしてください。その後、アプリのホーム画面の右上をタップして、設定画面を開きます。設定画面の「端末の位置情報を使用する」をタップすると、以下の画面のように「写真にジオタグ(GPSデータ)をつける」にチェックを入れます。GPSの更新頻度を下げることでバッテリーの消費を抑えることもできるみたいです。省電力設定は使いながら調整すれば良さそうですね。

一度、Eyefiカードを登録して、上記のGPS関係の設定をしておくと、GRで写真を撮ると自動的にスマホに転送されます。スマホを撮影しているときにも以下のように自動的に撮った写真が転送されました。

今年はGR+Eyefi+Piguで写真撮影を再開したいと思っています^-^

GR / デジタルカメラ / 製品 | RICOH IMAGING
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr/
Eyefi(アイファイ)カード – WiFi内蔵カードでカメラからワイヤレス転送 | Eye-Fi Japan
http://jp.eyefi.com/
ポラロイド 3.5インチ エントリーモデル スマートフォン「pigu」
http://polaroid-smartdevice.com/pigu/index.html

Amazon.co.jp: RICOH デジタルカメラ GRIII GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041: 家電・カメラ
Amazon.co.jp: RICOH デジタルカメラ GRIII GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041: 家電・カメラ
タイトルとURLをコピーしました