フランス プロヴァンスでラベンダーの景色が楽しめるセナンク修道院などゴルド周辺

プロヴァンスとラベンダー

プロヴァンス地方というのは、東はイタリア国境から西はマルセイユ付近までフランス南東部の名称で地域名称です。行政的には、プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール(Provence-Alpes-Côte d’Azur)と同じになります。

一時期プロヴァンスに住んでいたのですが、夏付近になるとラベンダーを乾燥させた束やエッセンシャルオイルなどいっぱいお店で見かけた記憶があります。現地の人はお風呂に浮かせたり、ベットの枕元に置いたり、と香りを楽しんでいることが多いようです。

6月末から7月にかけて、プロヴァンス地方の今回紹介するゴルド付近には下の写真のようなラベンダー畑を見ることができます。

上の画像は「地球の歩き方」から引用させていただきました。地球の歩き方をKindleで持ち歩くと旅行が快適になります。よかったらぜひ。

ゴルドとセナンク修道院

車を使って6月末に一泊くらいでゴルドとセナンク修道院を訪問してきました。車だと10分くらいで移動できる距離なので、一日あれば十分訪問できると思います。

ゴルド(Gordes)

ゴルドは「フランスの最も美しい村」にも選ばれている小さな村です。この辺りは多くの町や村が3月中旬から10月中旬までが観光シーズンでお店などがオープンします。

南フランスにある小さな村は、丘の上の古城に向かって石造りの家々が階段状に折り重なっていることが多いのですが、個人的にはゴルドはそれを代表する村だと思います。そのため、ゴルドを外から写真を撮ることができる場所は多くの人で賑わってました。

ゴルド(iPhone 6s, ISO-25, ‎1/418 秒, f/2.2)

セナンク修道院(Abbaye Notre-Dame de Sénanque)

セナンク修道院は、ゴルドから北西約4kmの深い谷に囲まれた、禁欲的な生活で知られるシート会の修道院です。1148年の創建で、17世紀末以来修道士はいなくなっていましたが、1988年から活動を再開しています。ロマネスク様式の創建当時の姿が現在もそのまま残されています。

ゴルドからは車で10分くらいで移動できます。ゴルドゴルドからは車で10分くらいで移動できます。ゴルドが標高350mくらいでセナンク修道院が比較的低い場所にありますので、途中の道で車を止めてみるとセナンク修道院と前に広がるラベンダー畑を上から眺めることができます。左の建物がセナンク修道院で右に見えるラベンダー畑の写真でいうと下側に駐車場があります。

上から見たセナンク修道院とラベンダー畑(iPhone 6s, ISO-25, ‎1/793 秒, f/2.2)

プロヴァンス地方はラベンダーで有名ですが、セナンク修道院はその中でも一番有名と言っても過言ではありません。昔ながらの修道院とその前に広がっているラベンダー畑の組み合わせがきれいです。写真は6月末なので、7月初旬だともっと一面が紫になってきれいだと思います。

セナンク修道院とラベンダー畑(iPhone 6s, ISO-25, ‎1/1183 秒, f/2.2)

修道院内は、修道士の寝室や祈りの場所である回廊、協会などを訪問できますが、内装などは装飾物などなく質素なものになっています。修道院の前には一面に広がるラベンダー畑を見ることができます。

セナンク修道院の中庭(iPhone 6s, ISO-25, ‎1/657 秒, f/2.2)

ボリーの村

地球の歩き方をみて、ゴルド付近にボリーの村という新石器時代から伝わる建築方法で造られた石を積み上げた小屋が集まった集落があるということで行ってみました。車で行くと道順はナビに従えば問題ないのですが、途中はずっと車一台がやっと通れるような場所なので、運転には注意ください。時間が余れば行くのもよいもか、というくらいです。

ボリーの村(iPhone 6s, ISO-25, ‎1/1876 秒, f/2.2)

ラベンダー博物館

ゴルドまで車で30分くらいの距離にあるカヴァイヨン(Cavaillon)という小さな街に泊まって移動しました。というのも、ゴルドは6月末から7月にかけてが観光シーズンなので、ホテルも高くなるのです。あと、カヴァイヨンのメロンが美味しいという話を聞いていたので、とりあえず泊まっておけばメロンも食べることができるかなという安易な考えでした。

ゴルドからカヴァイヨンに帰っている途中にクステレ(Coustellet)という小さな町で偶然にもラベンダー博物館というものを見つけたので入ってみました。

ここは、一応博物館を名乗っているので、昔からの製法などを紹介するエリアもありましたが、むしろショップが充実していて期待以上に満足しました。お土産を買うのはここをお勧めします。外にもラベンダーが一面に敷かれているので休憩にもお勧めです。

ラベンダー博物館(iPhone 6s, ISO-25, ‎1/2137 秒, f/2.2)

おすすめの行き方

プロヴァンス地方にはいくつかのラベンダー畑やラベンダー博物館といった場所がありますが、どうしても車を使わないといけない場所ばかりです。プロヴァンス地方に近いニース空港からレンタカーを借りて高速道路を使えば半日もあれば移動できます。ニース空港にはいくつかのレンタカー屋さんがありますが、ヨーロッパに本社があるSixtかEuropcarが店舗が多くて安心だと思います。両方ともヨーロッパで使ったことありますが、問題ありませんでした。

車の運転は自由度が上がりますが、いつも運転していない場所だと交通規制や現地のマナーなど考えると疲れることも多いと思いますので、電車移動+現地オプションツアーを予約するのが良いと思います。日本語の現地ツアーや日本語で予約ができるベルトラは使ったことありますけど、おすすめできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました