PR
PCガジェット

お手頃な価格で高機能な静音ワイヤレスマウス、ロジクールのSIGNATURE M750

マウスとキーボードは毎日使うものなので、できるだけ使い勝手が良いものが欲しいですよね。と言っても、良いものを追求すると値段が高くなるので、コスパが良いマウスがないものかと思い、ロジクールのSIGNATURE M750を購入してみました。

外観と仕様

仕事用にロジクールのワイヤレスマウス、MX MASTER 3Sを使っているので、家用にLogi Boltに対応した静音ワイヤレスマウスが欲しくてロジクールのSIGNATURE M750を購入しました。

公式サイトのサイズガイドを見ると、小~中サイズ(スモール~ミディアム)の手ならM750、大き目(ラージ)の手ならM750Lをおすすめしています。MX MASTER 3Sのような大き目のマウスの方が手が疲れないので、M750Lを購入しました。

実際にMX MASTER 3Sと比較してみると、以下のように長さはすごく近いです。クリックした際の操作性などは結構近いです。仕様を比較してみても、MX MASTER 3Sの高さが124.9mmであるのに対して、M750Lは118.19mmとほとんど同じです。

一方で高さはけっこう違いがあり、MX MASTER 3Sが51mmに対してM750Lは42mmと、約1cmの差があります。これはMX MASTER 3Sが右手で使用する人向けに手を傾けて握るような形状になっているためです。

SIGNATURE M750はMX MASTER 3Sと同様にLogi Bolt及びBluetoothでのパソコンとの接続に対応しています。また、M750には単三形乾電池が付属されており、仕様上は最長2年間使用することができます。

マウス自体の機能性は非常に高く、本体裏のEasy Switchボタンによる最大3台のデバイスとの接続を切り替えることができます。また、ホイールの下にDPIスイッチを配置し、ボタンを押せばカーソルの速度を調整することができます。これらはSIGNATUREシリーズではM750のみの機能です。特に、複数デバイス切り替え機能は購入を決めた最大のポイントでした。

他SIGNATUREシリーズとの共通機能として、クリック音を従来比90%軽減しているので作業中の煩わしいクリック音がなくなり非常に快適です。また、精密スクロールと超高速スクロールに切り替えることができるSmartWheelスクロールや[戻る/進む]などに割り当て可能なサイドボタンを搭載しています。

さらに、M750はMX MASTER 3Sと同様にカスタマイズ性に優れていて、Logi Options+アプリによって、電池残量を確認したり、マウスのサイドボタンをカスタマイズして「コピー/貼り付け」や「進む/戻る」などのよく使うアクションを実行したりできます。2台のパソコンをコントロールできるFlowにも対応しているなど、機能性についてはMX MASTER 3Sに劣っていません。

実際に使ってみての感想

SIGNATURE M750は使い勝手や機能性、カスタマイズ性を考慮するとメインのマウスとして使えます。クリック音がほとんどしなく、最大3台のデバイスとの接続をボタンを押すことで簡単に切り替えることができるので、仕事とプライベートでの併用がしやすいです。

マウスやキーボードは使い慣れていくものなので、仕事とプライベートで同じ製品を使うことをおすすめします。そのため、複数デバイスとの接続を簡単に切り替えることができる機能が非常に重要です。

逆に、今回MX MASTER 3SとM750を併用したのは失敗でした。MX MASTER 3Sを使った感触のままM750を使い始めるとマウスを握った際の傾きがないからかクリックしようとすると右クリックしてしまうことが何度もありました。

SIGNATURE M750を購入する場合は、MX MASTER 3Sとは併用せずにメインとして使用することをおすすめします。もし、家と会社それぞれの場所向けにマウスを購入することを考えている人は二つ購入した価格を考えてどちらを使用するか検討することをおすすめします。

みなさんに合ったマウスが見つかるといいですね。

スポンサーリンク
ZAKAZUKURI

コメント